予防歯科

TOP > 予防歯科

予防歯科

予防歯科

治療が終わったあと、また虫歯や歯周病になり、再び治療を受けた経験はありませんでしょうか?

きちんとしたお手入れがされていないと、せっかく歯を治療しても意味がありません。

定期的に歯医者へ通院し、健診を受けましょう。

われわれお口の専門化が、あなたのお口のケアとリスクを予防します。

虫歯になったから歯医者に行く。」のではなく「虫歯にならないために歯医者へ行く。」つもりで当院をご利用下さい。

虫歯や歯周病を予防するための処置として、以下の方法があります。

むし歯予防について

むし歯はミュータンス菌の感染によって起きます。

ミュータンス菌は砂糖を栄養源としており、酸を出して歯をとかします。ミュータンス菌は生後6か月~3歳の間に最も感染しやすく、一度感染してしまえば一生その種類のミュータンス菌をもち続けます。感染の機会を少なくするには、子供の身近な人(母親など)のミュータンス菌を減らすことにあります。また、同じ箸で食べたり、口うつしで食べさせないことも大切です

 家庭でできる むし歯予防とは?

 小学校3~4年生までは寝る前に親が仕上げ磨きをしてあげてください。
 
磨いた後は就寝まで食べ物、ジュース、アイスクリームなどを与えないでください。
 お茶や水は、大丈夫です。

 フッ素入り歯磨き剤、フッ素のうがい薬などで毎日フッ素を使うようにしてください。

 キシリトール100%入りのガム、タブレットを利用してください。

 甘いものを与える時は、甘い物の量ではなく与える回数が問題です。
 回数を決めてできるだけその回数を減らすようにしてください。

 歯科医院での むし歯予防法とは?

 ミュータンス菌を含むバイオフィルムを歯からはがす。

 フッ素を塗る。

 シーラントをするなどがあげられる。

※画像をクリックすると拡大します。

 フッ素の塗布

フッ素の塗布

歯の表面の層(エナメル層)は、フッ素を取り込むことで、より丈夫に硬くなります。

歯の表面にフッ素を塗り、虫歯に強い歯を作ります。

 PMTC

PMTC

PMTCとは、専門的な器械とフッ素入り研磨ジェルを使って行う歯面清掃(クリーニング)のことです。

歯の表面から歯と歯肉の境の溝の中のプラーク(細菌の塊)をすべて取り除く事ができます。

PMTCによって歯の表面の汚れを落としますので、虫歯を予防するだけでなく、歯の表面が綺麗になる効果があります。

 シーラント

シーラント

奥歯の溝は歯ブラシがどうしても届きにくいため、虫歯になりやすい傾向にあります。

シーラントとは、奥歯の噛み合わせの部分にプラスチックを埋め込み、溝を埋めることで虫歯を予防する方法です。

 唾液の大切さ

 唾液の大切さ

皆さんは、日ごろ唾液について考えることはほとんどないといってもいいと思います。

唾液は、大変大切な働きをしています。唾液が減少すると色々な弊害が起きてきます。



 唾液の減少による5つの弊害


  • まず口の中が乾燥して話しづらい
  • 食べ物を飲み込みづらい
  • 総入れ歯の場合は入れ歯がはずれやすい
  • 虫歯、歯周病のリスクが高くなる。
  • 味覚障害※

※味覚は食物中の味覚物質が唾液に溶け、舌表面の味蕾が感じるものです。
唾液の分泌が減少すると味覚障害が増加する等々色々と不都合が起きてきます。

【 唾液が減少する原因 】


年齢による唾液腺の衰え、高血圧等による降圧剤等の薬の影響、唾液腺の炎症、唾石、唾液腺の腫瘍等いろいろ考えられますが、もっとも一般的に考えられることは、食物の軟食化によることによってあまり噛まずに食物を飲み込むことが大きな原因の一つと考えられます。食物をしっかり噛むことによって唾液腺は活性化されて唾液はどんどん分泌されます。

よく噛んでご飯を食べると甘さを感じます。それは噛むほどに分泌される唾液の作用なのです。ご飯やパンを甘さを感じる程度にゆっくり噛むと肝臓に蓄えられている糖が血液中に放出されて血糖値が上昇してきます。すると脳にある満腹中枢が反応して、食欲が自然に抑えられます。つまりよく噛むと食欲抑制のメカニズムが働き、早めにおなかがいっぱいになって食べすぎを防いでくれる。肥満防止になるのです。これは糖尿病予防でも注目されているメカニズムの一つです。生活習慣病にとって肥満は大敵です。その肥満の予防のためにもよく噛んでしっかりと唾液を分泌させてよく噛んでゆっくり食事することが大事です。

唾液には唾液腺ホルモンも含まれます。そのホルモンの中には顔や頭の皮膚、口や胃腸の粘膜、血管の内皮細胞の細胞分裂を促進するもの、骨や筋肉を丈夫にし老化防止に効果的なものも含まれます。つまり、唾液がよく出るようによく噛めば若々しい体と美しい肌を保つことになるのです。よく噛んでゆっくり食事することが、いわゆる金のかからない究極のアンチエイジングということになります。

一口で30回噛めば、がん予防に効果があるといわれています。その理由は唾液の成分ラクトペルオキシターゼが発がん性を減少させることが分かったからです。

発がん物質はさまざまな食べ物に含まれています。気をつけていてもどうしても身体の中に入ってきます。でも、しっかり噛んで食べ物を粉々にして唾液と混ぜれば発がん性は抑制されます。また、一日の食事で30品目食べ物をとることもがん予防に効果的です。これは肉や脂肪の多い食事にかたよらないで、でんぷんや緑黄色野菜など、食品バランスを適切にするための方法です。早食いを自慢したり、水で食べ物を流し込むのは早死にを促すようなものです。

一口30回、一日の食事で30品目を心がけて、がんにも対抗してください。少し歯ごたえのあるものをよく噛むことによって唾液がしっかり出てきて歯の汚れを洗い流してくれます。またよく噛むことによって口腔粘膜、舌、食物が歯の表面の汚れを落としてくれます。 食べ物をよく噛んでいる時は脳がよく働いているのです。噛むことによる筋肉運動で脳細胞の代謝活動が活発になることと、脳への血液循環も良くなって十分な酸素と栄養が運ばれるので、脳の発達を促進させるのです。

お気軽にご相談ください。MAPはこちら
高知歯科医院 外観