口腔外科

TOP > 口腔外科

口腔外科の治療

口腔外科の治療

口腔外科とは、虫歯・歯槽膿漏・入れ歯の治療だけではなく、口の中・顎・顔に発生するいろいろな疾患を治療しています。

具体的には、簡単な小手術を行ったり、親知らずの抜歯、炎症や外傷の処置、重篤な口腔内の疾患の早期発見、これらの疾患に対して、専門病院の紹介をしたりしています。

 埋伏歯

埋伏歯

埋伏歯とは、歯が顎の骨の中や歯茎の下に埋まったままの状態のことを言います。

親知らずがうずく、痛い
 レントゲンを撮ったら親知らずが埋まっていると指摘された
 なかなか永久歯が生えてこない など


 顎関節症

顎関節症

顎関節症とは、顎の関節とその周囲に起こる障害を総称して呼びます。

 口が大きく開かない
 顎を動かすとカクカク、ジャリジャリなど関節の音が鳴る
 顎を動かすと痛みがある、など


 歯に起因する炎症

歯に起因する炎症

虫歯や歯周病が進行して重篤な状態になった際、歯茎に炎症を起こし、腫れが生じることがあります。

 歯茎が腫れて痛い
 顔が腫れてきた、など

 口内炎

口内炎とは、口の中の粘膜に炎症が起こった状態を指します。

 口の中の粘膜が赤くただれている
 口の中に触れると痛い、小さな潰瘍がある、など


 良性腫瘍

全身と同じように、顎やお口の中などにも腫瘍ができることがあります。

 頬の粘膜や舌にイボのようなものや「できもの」がある、など


 外傷

事故などでお口の中を怪我してしまった際も、口腔外科で治療を行います。

 転倒して口の中を切ってしまった
 歯をぶつけてグラグラしている、あるいは歯が抜けてしまった、など

顎関節症について

 顎関節症ってどんな病気?

顎関節症はアゴの関節部分に音がしたり、痛みがあったり、時には口を開けにくくなったりアゴを支えている筋肉に痛みが起こったりする病気です。


 原因はなに?

原因は、歯並びや生活習慣、ストレスや頚椎の異常、筋肉の緊張などいろいろな要素がからみあって起こっていると考えられます。


 どんな治療をするの?

生活習慣の改善による治療を行っていきます。

痛みがひどい場合や口が開けにくいときには、痛みどめ等のお薬や高周波を使うこともあります。ケースによっては、スプリントといってスポーツ選手がするようなマウスガードのようなものを装着することがあります。

すべて保険治療になります。


 生活習慣の改善とは

人間には状態や環境に慣れる(順応する)能力があります。
しかし、その許容範囲を超えてしまうと、故障を訴えます。

顎関節症も悪い生活習慣が長い時間かかって許容範囲を超えたため自覚症状が出たと考えられます。このようなことから、顎関節症は生活習慣病ともいえます。

そこで、生活習慣を改善することにより、症状を許容範囲の中へ戻してあげようという考えです。


 何に気をつければいいの?

次の習慣に思い当たるところがあったら直してみてください。

  1. 症状を悪化させないために、アゴで雑音をさせて遊ばない、口を大きく開けない、硬いものを無理して噛まない。アゴの痛くなる 開け方をしない、歯ぎしりやかみしめ、アゴをおさえるなどの習癖は止める。
  2. 姿勢を良くすることと、頬杖をつく、アゴを前に出す、日中の歯ぎしりなどの口腔習癖は止めるようにする。
  3. 顎運動のリハビリテーションとして、ご飯、野菜、魚や肉の切り身などの普通の食べ物を奥歯でゆっくり噛んで食べる、片側咀嚼をしない、 食事中に水やお茶を飲まない。
  4. アゴをいたわりながら両方の臼歯でゆっくり咀嚼する習慣をつけることが大切。くよくよせず適度の気晴らしをして、ストレスをためない。

がんばって、続けてみてください。

顎のストレッチ運動

顎関節症の症状がある方への効果的な顎のストレッチ運動を紹介します。
各ストレッチは『5秒行い、5秒休む』3回繰り返し、朝昼夜の1日3回(もしくは2回)を毎日続けます。

 お口を閉じる筋肉のストレッチ運動

口を半開きの状態で、下の歯の上に人差し指と中指を乗せます。
口は閉じる力を加え、指は口を閉じさせないように下に力を加えたまま5秒間その状態をキープします。


 お口を開ける筋肉のストレッチ運動

口を半開きの状態で、顎に下から両手の手のひらを添えます。
口は開く力を加え、手のひらは口が開かないように上に力を加えたまま5秒間その状態をキープします。


 お口を横に動かす筋肉のストレッチ運動

口を半開きの状態で、下顎の右側に右の手のひらをあてます。
下顎は右方向に水平に力を加え、手のひらは左方向に力を加えた5秒間バランスをとります。左側も同様に行います。

注意事項

運動中は顎をガクガクせず、ゆっくり力をかけて下さい。
 最初は一時的に痛みが増す場合がありますが、1週間ほどで治まります。


親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

現代人の顎は狭くなっています。

そのため、親知らずが曲がって生えてきたり、歯茎の中で横に生えることで、隣の歯に悪い作用を引き起こしたりします。

親知らずを抜歯するケースが非常に増えています。

 親知らずによる歯への影響

 1  歯肉が腫れる

 2  歯列への悪影響

 3  噛み合わせへの悪影響

 4  虫歯

 5  口臭の原因

 6  歯周病の原因

親知らずはまともに生えてきても問題となることがある

親知らずは、退化傾向にあるため1本や2本しか生えないこともあります。

それもなんの異常もなく正常に生えていてもトラブルの原因になることがあります。

たとえば、右上の親知らずは正常に生えたが、右下の親知らずは生えない場合。

右上の親知らずは、上下噛みあおうとして伸びてきます。

そのため、右下の歯茎を噛んで傷つけ痛みます。

また、噛み合わせに対応する歯がないため、何とか噛み合わせようとする動きによって、歯全体の噛み合わせがおかしくなり、
>顎関節にまで影響が及び、いわゆる顎関節症を引き起こすこともあります。


親知らず抜歯の際の注意点

歯を抜いた後は、傷を治すための炎症が始まります。術後48時間が炎症のピークとなり、それ以降は徐々に改善していきます。その期間、鎮静剤を使用することなります。

お薬を飲まれている方(特に抗凝血剤)を使用している方は、安易に血を固めることができないので、内科の医師と連携をとりながら進めていくこととなります。

よくあるご質問

 親知らずは抜かなければいけないの?

親知らずは抜かなければいけないの?

もちろん正常に生えていて普通に噛んでいて何の症状もなければ抜く必要はありません。


ただ、親知らずは正しい位置に生えてくることが少なく横に生えたり、生えきらなかったりすることが多く、腫れたり隣の歯まで虫歯になることが多くトラブルの原因になりがちです。また、親知らずは奥歯の中で最奥に位置し、他の永久歯より歯質が弱くかつブラシが届きにくいため全ての歯のなかで最も虫歯になりやすい歯です。

歯質が弱いため虫歯になると比較的他の歯に比べ進行が早く痛みを訴えやすいです。

日常の診療で親知らずがらみでトラブルとなる最も多いケースは親知らず周囲の腫れと痛みです。

親知らずが横になったり、口腔内に歯の一部分だけが露出しているケースで腫れ、痛み、口を開くのに障害等の症状があれば智歯周囲炎(智歯=親知らず)の診断のもとに抗生物質、鎮痛消炎剤等を処方して経過観察します。

この症状が初めてとか数年ぶりとかであれば、症状が治まればこのままでいいでしょう。たびたび上記症状を繰り返すようなら親知らずは抜いたほうがいいでしょう。

また、結婚前の女性の場合は例えば妊娠中に上記症状が出たならお薬も飲めない場合もあります。ですからあやしい親知らずがあれば結婚前に抜歯した方がむしろ安心ですし、若い時の方が骨も柔らかく、根も未完成の方が簡単に抜けると思います。

 親知らずを抜くのに時間がかかりますか?

その親知らずの状況によってすべて違います。2~3分で終わる場合もあります。

親知らずが真横に向いて、かつ埋まっている 場合などは歯茎を切開して、骨の削除や、歯を分割して抜歯、その後縫合するので1時間ばかりかかることもあります。

  歯を抜いた後の痛みはどうなの?腫れはどうなの?

それぞれ個人差もありますし個々の歯によっても違いますが、抜歯も手術ですので術後の痛みというのは、必ずあります。 それに対しては痛み止めを処方いたします。

腫れた場合がありますがほぼ数日で引いてきます。どうしても腫れたくないとか腫れたときに早く治したい場合は、患部を冷やしてやるのがいいでしょう。

  歯を抜いた後に気をつけることは?

激しい運動、長時間の入浴、飲酒は出血の原因になるため控えましょう。また医院から出されているお薬は決められた時間、決められた分量を守りましょう。

強いブクブクのうがいとか傷口を指や舌で触れるのはやめましょう。

本来傷口は、包帯などで保護すれば一番いいのですが、口の中は包帯ができません。そこで血餅という血の塊が包帯の代わりをしてくれるのですが、強いうがいとか、触ることによって血餅が取れてしまうと骨がむき出しになって非常に痛みがひどくなることがあります。

その場合は傷口に抗生剤の軟口等を入れて傷口にフタをしてやれば痛みは楽になります。

親知らずは抜きたいけど、痛いし、怖いし、まわりからはおどかされるし・・・
という方は、一度当歯科医院でご相談ください。

お気軽にご相談ください。MAPはこちら
高知歯科医院 外観