痛みの少ない虫歯治療

TOP > 痛みの少ない虫歯治療

3mix法って?

3mix法って?

虫歯は、口の中の細菌が糖分を分解して酸を作り、その酸が歯を溶かす事で起こります。

虫歯が進行すると、歯の内部にある神経・血管近くまで細菌が進入し、激しい痛みを伴います。

進行した虫歯を治療するために、従来では神経を取り除き、その上から詰め物を詰める治療を行っています。

しかし、この方法では、削った場所に細菌が残り、詰め物の下で虫歯が悪化してしまう可能性があります。そうなると歯を抜く可能性が高くなってしまいます。

当院では、3-Mix法という、進行した虫歯でも神経をできるだけ残す治療を行っています。

3-Mix法とは、歯に抗生物質を塗ることで、細菌を殺菌し虫歯を治療する方法です。

従来の治療法に比べて痛みの少ない治療法です。「痛いのが嫌。」「歯を削るのが怖い。」といったお子様などにもお勧めできます。


3mix法の特徴

 1   従来の治療と比較して、歯を削る量が減る(痛みが少ない)

 2   神経を取らなくて良いケースが増える。



3mix法の治療の流れ

  STEP 01  

 虫歯になっている部分を取り除きます。

 この時、神経に近い部分は少し残して削ります。

   ▼

  STEP 02  

 削った部分の上から、抗生物質を塗布します。

   ▼

  STEP 03  

 抗生物質の上をセメントで密封し、合成樹脂の充填物を詰めます。

   ▼

  STEP 04  

 抗生物質の作用で虫歯の部分が無菌状態となります。

 歯の再石灰化により虫歯が治ります。


 より痛みを和らげるために・・・

痛みを和らげる治療法は、3Mix法だけではありません。
当院では、できるだけ痛みの無い、患者様にとって楽に思ってもらえる治療を常に心がけています。

電動麻酔

   電動麻酔

麻酔は治療時の痛みを取るものですが、「歯茎に麻酔を注射されるのが痛い。」という方も多いです。

麻酔が痛いのには、注射針が歯茎に刺さる痛さとは別に、麻酔薬を注入する際の圧力による痛さがあります。

当院では、表面麻酔で針の刺さる痛さを和らげます。その上で、電動麻酔で麻酔薬を注入する圧力を一定に保ち、痛みを和らげています。

リラックスして頂ける雰囲気作り

   リラックスして頂ける雰囲気作り

技術的な方法は上記のようにいくつかありますが、「怖い」と思う患者様の心は、技術だけでは払拭できません。

治療をする際に一言声をかけるなど、コミュニケーションを取る事も、患者様の恐怖心を和らげる1つの方法と考えています。

不安な事などありましたら、お気軽にご相談下さい。

お気軽にご相談ください。MAPはこちら
高知歯科医院 外観